FC2ブログ

人生の目的は愛

無限の愛の中に永遠をみるそれが、創造の法則であり根本原理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

茨の道にも花が咲く

30 その身体は雪の様に白く、バラの花の様に赤く、頭髪は羊の様に白く、目は美しい。
31 この人種は、美しい遺産を保持しており、そして更に受け継いで行くでしょう。
32 しかし数百年、数千年の間に、地球の他の人種や天孫と混血し、新しい人種が造り出され、地球人と天孫
   との中間的な人種になったのです。
33 イマヌエルよ、
   お前は私達の世界を知る者として、一人の天孫によって生まれた者です。
34 お前の知識を持ってすれば、不可能を可能にする事が出来る。
   それは人々に対して、奇跡として証明されるでしょう。
35 お前は霊の力(die kraft des geiste s)を知っている。
   しかし、それを濫用する様に用心しなさい。
36 お前の賢い、私達を通して得た知識は、人類の幸せの為にならねばならない。
   しかしその道は、人々にもお前にも大変困難なものです。
37 お前は誤解され、否定されるだろう。
   つまり人々はまだ無知で、迷信に囚われているからです。
38 人々は、創造が神そのものであり、天孫やこの地球人種の支配者では無いと信じているのです。
39 地球人は、神に創造の全能を丁稚あげ、創造の栄光を神に帰したのです。
40 神は、全ての天孫や人種の様に人間であり、
   ただそれらの者より、霊的な偉大な力を持っているだけなのです。
41 創造は、
   神や天孫や人種などに比べて、
   無上の、より高い処に立っているのです。
   つまり、創造は無上の神秘なのです。
42 イマヌエルよ。地球人はお前を神やその子として罵倒し、謎の創造なるものと等置しています。
43 この間違った教えに注目しなければなりません。
   何故ならば、これらの人種の子達が真実を知る事が出来るには数千年必要だからです。
44 無数の世代の時と同じように、お前の時代にも、お前の為に多くの人々の血が流されるでしょう。
45 それでも知恵の王として、天孫ガブリエルの子として、お前の使命を果たしなさい。
46 神の名の下に掟が発せられ、お前を産む事になったのです。だからお前は予言者として、道を教える者とし   て、賢い知識を人々に役立つ様にしなければならない。
47 全ての不合理なものや、ユダヤの律法学者とパリサイ人の間違った教えに対して、不信な人々に対して、
   惑わされずにお前の使命を果たしなさい。
48 お前がその使命を遂行してから、真実、人の子によって齎された知識が人々の中に知られ、拡げられるまで
   二千数百年が過ぎ去るでしょう。
49 時が来て、初めて、天に聳える機械が真実を現わし、お前が神の子であるとか、創造主であるとか言う間違   った教えは、ゆっくりとしゅん巡しながら真理が明らかにされるでしょう。
50 その時は、私達天孫が人々の前に現れる時でもあります。
   その様な知識が身に付くと、その得た知識の力でもって、彼らは天の組織を脅かすでしょう。”
51 北と西の間で、天孫はそう語ったあと、
   金属の様に光る物で、イマヌエルをガレリアの地、イスラエルに連れて戻った。
52 さて、イマヌエルはそこで、洗礼者ヨハネが捕らえられたのを聞き、ナザレの町を去り、セブロンとナフタ   リの地にある海辺の町、カペルナウムに行って住んだ。
53 以来、イマヌネルは説教に専心し、言った。
   ”改心しなさい。そして真実と知識に目を向けなさい。
   真実と知識だけが生命を熟成させるのだから。”
54 さて、イマヌエルがガレリアの海に行った時、二人の兄弟を見た。
   一人はペテロと呼ばれていたシモンで、一人はその弟アンデレであり、彼らは海に網を投げていた。
   二人は漁師であった。
55 イマヌエルは二人に言った。
   ”私について来なさい。
   私はお前達に知識を与え、人を捕らえる漁師にしょう。”
56 すると、二人は直ぐに網を捨てて彼の後に従った。
57 そこから再び進んで行くと、
   他の二人の兄弟、一人はゼベダイの子ヤコブ、もう一人はその弟のヨハネを見た。
   彼らは、父のゼベダイと一緒に船の中で網の修理をしていた。
   イマヌエルは彼らを呼んだ。
58 すると、彼らは船と父を残してイマヌエルに従った。
59 イマヌエルはガレリアの全地を巡り歩き、諸々の会堂で教え、霊の知識を説き、病人と不具者を癒された。
60 イマヌエルの評判は、シリア全土に拡がり、数々の苦しみや、災厄を持った患者、悪魔に憑かれた人、夢遊   病、中風の人々がイマヌエルの処にやって来た。
61 そして、ガレリア、エルサレムの十の町、ユダヤの地、ヨルダンの向こうから多くの人々が来てイマヌエル   に従った。
                                         
スポンサーサイト
  1. 2013/03/30(土) 20:27:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<茨の道にも花が咲く | ホーム | 茨の道にも花が咲く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://imanuel.blog.fc2.com/tb.php/30-f121accb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER759190KLY

Author:FC2USER759190KLY
FC2ブログへようこそ!ブログの管理人です。人間が進化する為の情報を発信しています。
聖書には無い真実が貴方に衝撃を齎すでしょう。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (122)

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


人生の目的は愛

驚き桃の木山椒の木! これは真実か幻想か? ~★真実はあなたの心に聞け~

つかちゃんの電脳雑記帳

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。